« アセンブラのバグなのか? | トップページ | 久々の燃焼試験(というか・・・) »

2009年1月23日 (金)

失敗しないプリント基板のパターン露光

皆さん こんにちは所長です
今日から、ベトナムはテト休み(中国の旧正月と同じ)となりました。今夜の便で、日本へ帰ります。

さて、当研究所ではプリント基板の自作も紹介していますが、今回は「失敗しないパターン露光」を紹介します。
私がいつも使っているのは、サンハヤトの感光基板です。パターンを印刷した透明フィルムを密着させ、紫外線を露光するタイプね。

皆さん!
説明書の通りでも上手く印刷できないことがありませんか?
現像後パターンがぼやけてしまったとか・・・
エッチング後のパターンが危険なほど細いとか・・・
私は何度も悩まされ、(ベトナムでは手に入らない)貴重な感光基板を何枚もダメにしました。
パターンがボケたり、細ったりするのは、露光時にフィルムが密着していない事が原因のひとつです。
【説明書通りの感光基板クランプ方法】
Shihan_clamp_1_2 Shihan_clamp_2_2


説明書の通りに作業をすると、この通りどうしても基板の中心部分は密着せず、パターンの仕上がりがピンボケになってしまいます。重りなんかを載せちゃったらなおさらピンボケになりますんで・・・

研究所では、この問題を解決しましたので、紹介します (^o^)/
【特製バキュームクランプ】
露光フィルムをパターンに密着させるためのバキュームクランプを自作してみました。
実はこの方法、本物の基板メーカーで当たり前のように使われている方法なんです。
簡単ですが、効果は抜群なので、お勧めします。
Img_1706_2



作り方はいたって簡単
①チャックが付いている丈夫なビニール袋(ZIPロック等)に
 クランプのガラスより1cmくらい小さな穴を開ける。
 ※穴を開ける位置に注意!
  クランプのヒンジを袋の端にしないと、基板が入らなくなる
②穴の外周をクランプのガラスに隙間無く接着させる
 (接着剤は、セメダインスーパーX等が良いでしょう)
③袋の端に小さな穴を開け、チューブを接着
④掃除機につなぐ為のパイプを作って完成!
Endless_clamp_1_2 Img_1708_2




使い方もシンプル
Endless_clamp_2Img_1707



説明するまでも無いですが・・・
①フィルムが乗った感光基板をクランプに挟み、
②ビニールを密封
③掃除機で吸う!
 ※掃除機の吸引力は、大きすぎるので、
  パイプを適度につぶし、外気が入る様にする。
  露光は10分にもなるので、そうしておかないと、
  最悪の場合掃除機が壊れます。

 ※密封がよければ、吸引は最初だけで十分でしょう。
 ※口で吸ってもいいけど、ぶっ倒れないように注意!
Img_1708




上手くできた人がいたら報告下さいね~
ではまた (^ー^)ノ~~

こちらもどうぞ
   ↓
自分でレジストを印刷する方法
パターン作成~エッチング

|

« アセンブラのバグなのか? | トップページ | 久々の燃焼試験(というか・・・) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アセンブラのバグなのか? | トップページ | 久々の燃焼試験(というか・・・) »