« コンプレッサーRev04 | トップページ | 基盤作成中(ここまでやるか?) »

2008年9月 7日 (日)

コンプレッサーRev05

コンプレッサー改良続報 

コンプレッサーブレードの密閉を良くするために、その3形状にチャレンジしました。
はっきり言って、めんどくさいので、根気のある方は真似してください。(*^ω^*)ノ彡

Compressor_rev03←これがその3バージョン
(旧バージョンは過去ログ参照)


Shaved_blade まずは、準備から・・・
土台に垂直な穴を開けて、ブレードを挿す。(手で回るように)
削りたい形状の型を作る。型は水平に動きます。
あとは、型にあたる部分を削るだけ・・・
土台には、穴あけ作業で部品を固定する「バイス」を使いました。



次にケースの型修正ですが、新たに作るのは大変なので、現状のケースを加工しました。
ケース内側は、その2の形状なので、内側にポリパテを盛ります。
パテが固まったところで、ブレードとケースを仮組みしながら、ブレードが当たる部分を削るだけ・・・

作業はどちらも削るだけですが、本当にめんどくさい作業なので、根気のある方はやってみてください(爆)

Img_0596_4 組みあがりはこんな感じ
ブレードとケースの隙間は0.2~0.3mm位ですかねぇ~何しろ手作りなので、これが限界。
ベアリングのガタがなければ、もっといけるんですが・・・

Img_0598Img_0597_2ちなみに、モーターもOK模型のSpeed400に変更!
巻線23ターン、コバルト磁石で400クラス最強!
ガンガン電流が流れるので、今までフルスロットルでやっと15000rpmでしたが、このモーターは6~7割のスロットルで同等(6A程度)まで回転します。(ただし、今まで以上の電流が流れるので、回路は要改造)
瞬間で18000rpmまで試しましたが、回路がぶっ飛びそうなので、やめておきました。

結果ですが・・・
ブレード形状「その1」と「その2」と「その3」でまったく改善は無し!(´Д⊂グスン
15000rpmで、0.004kg/cm2(←目標は0.008kg/cm2)
18000rpmで、0.005kg/cm2


コンプレッサーブレードの漏れは少しは改善しているはずなんですが、あんまり効果がありません。
とにかく、圧縮に影響するのは、出入り口の開口面積比のようです。

さあどおする・・・所長 ┐(´д`)┌

|

« コンプレッサーRev04 | トップページ | 基盤作成中(ここまでやるか?) »

コメント

 こんばんは。

>ブレード形状「その1」と「その2」と「その3」でまったく改善は無し

 うーん、中々、手強いですねー。

>とにかく、圧縮に影響するのは、出入り口の開口面積比のようです

 現状のインペラでは、比率はどのくらいですか?

投稿: くり | 2008年9月 9日 (火) 午前 12時54分

スッポンのくりさん
こんばんわ。

Ver05の面積比は次の通り

タービン入り口
(34/2)^2*π -
(13.5/2)^2*π = 764.4 mm2

ディフューザー入口(タービン出口)
45*π*3.0 = 424 mm2

ディフューザー出口
(83/2)^2*π -
(65/2)^2*π= 2091 mm2

比率
764.4 : 424 : 2091 = 1 : 0.55 : 2.73

ご覧の通り、ブレード入り口からブレード出口までの比率が下がっているので、途中では流速は上がっているものの、圧縮されているどころか、減圧してます。

Ver06に向けて改造中です・・・
ディフューザー入口を広くして、途中の減圧を防止するとともに、ディフューザー出口を更に広くします。
(どこまで効果があるのか?)

Ver05では、同じスティック量(電流)でも、単に回しているより、ブタンガスが燃焼している方が、回転数が高くなる事が実感できました。
圧縮はまだまだですが、ジェットエンジンに少し近づいたようです。

投稿: 所長 | 2008年9月 9日 (火) 午後 10時45分

10月も半ばになりましたが研究は進んでいますか?

投稿: 名無し | 2008年10月15日 (水) 午後 10時32分

突っ込みどーも!
所長は生きてますよ~

投稿: 所長 | 2008年10月16日 (木) 午前 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンプレッサーRev04 | トップページ | 基盤作成中(ここまでやるか?) »