« コンプレッサーRev02 | トップページ | コンプレッサーRev04 »

2008年7月30日 (水)

コンプレッサーRev03

日本の皆様暑中お見舞い申し上げます

今日はコンプレッサーRev03を紹介しまっす

前回の改良で発覚した問題点を改善しました。
前回の問題点は、ディフューザーの入り口と出口で、思ったほど断面積比が上がらなかったことです。
そこで、FRP加工の利点を利用して、出口側を広げてみました。
コンプレッサーの内側を肉盛りし、削ることで開口を確保(下方向内側に広げる感じ)。
合わせて、遠心タイプコンプレッサーの宿命である、直角通路を極力滑らかな通路にすべく、途中にカーブを追加。

Rev03
←こんな感じ


Img_0221Img_0222 Img_0223 Img_0225







入り口と出口の断面積は次の通り

ディフューザー入口  45*π*3.0 = 424 mm2
ディフューザー出口  (83/2)^2*π-(65/2)^2*π= 2091 mm2
入出面積比             4.93

(参考)過去の面積比
Rev01  1.64
Rev02  3.45
Rev03  4.93

で、圧縮はと言うと・・・
    7500rpm   0.002kgf/cm2
  15000rpm   0.004kgf/cm2

という事で、Rev01の0.002kgf/cm2から比べると、
劇的な性能UP!
という事になりました!!!
というか、Rev01の性能が低すぎるんでしょうねぇ・・・

入出力の面積比はこれ以上上げてもあまり効果がないので、ここまでにして、次回はコンプレッサーのローター改善をします。
今回の固定部分はあまり応力の事を考えずに追加工しましたが、ローターはそうは行きませんねぇ・・・
ポリエステル樹脂に、グラスファイバーの粉でもまぜるかな。

今週末~来週末にかけて一時帰国の為、研究はお休みです。
日本の方が暑いみたいね。。。

|

« コンプレッサーRev02 | トップページ | コンプレッサーRev04 »

コメント

 こんばんわ。
 ディフューザーのベーン枚数ですが、写真
http://endless-radicon.air-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/07/30/img_0221.jpg
を拝見すると、直線翼12枚のようですので、各ベーンの広がり角は360°/12=30°となりますが、色々な設計指針では、広がり角を12°以下程度にすることが推奨されています。これは、広がり角が大きいとその分、ベーンからの剥離が起き易くなるためです。
 直線翼で広がり角12°以下とすると最低でも30枚のベーンが必要で、ディフューザーがベーンだらけになってしまいますが、ベーンにキャンバーを付けると枚数を減らすことが可能です。

>今週末~来週末にかけて一時帰国の為、研究はお休みです。

 道中、お気を付けて、良い旅を。

投稿: くり | 2008年7月31日 (木) 午後 10時45分

宮古島から所長です・・・

しばらく全部忘れてますんで~
思い出したら、またはじめます~

投稿: 所長 | 2008年8月 3日 (日) 午後 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンプレッサーRev02 | トップページ | コンプレッサーRev04 »