« なかなか進まんっす | トップページ | さらば ぐるぐる気化器 »

2008年3月 9日 (日)

2号機燃室改良

ベアリング改造・・・
Dsc08522 前回の報告でドロドロに溶けたベアリングは、
所長マジックで、保持用の部材をとっぱらい、
金属ボールだけのスペシャルベアリングに
なりよみがえりました。(左)
これでいいのか???
まあ、あちこちのHPや、ベアリング屋を探したが、
セラミックボールベアリングは、日本では手に入らないらしいく、
(ましてや、所長の住みかである、ベトナムのハノイでは探す
つもりもまったくない)
手作り派の所長は、これで我慢・・・
左のスペシャルベアリングを排気側、右を吸気側にする。

燃焼室改造(良)・・・
Dsc08554今思うと、ディフューザーだけ進化した2号機
だが、進化したのは、まったくそれだけだった
とつくづく思う。
HPを眺めると、2号機の燃料と空気の比率が
でたらめだった事が判明。
内部で燃焼できず、出口でガンガン燃焼することになった。
そこで、ちょっと勉強した所長は、
空気取り入れ穴を作り直し、入り口側を小さく、
出口側を大きく作り直した。

で、とりあえずブタンガスで燃焼試験。
Dsc08568




動画 → 「Jet_2_remake.wmv」をダウンロード

なんだか、奥の方で燃焼してる感じ・・・
今まで外で燃えていたガスが、内部で燃える様になったのか?
(それならよし・・・)
しかし、今まで平気だっだ、ブタン前回運転をすると、
メチャメチャ排気温度が上がる。
今までは、それほど、外で燃えてたのか
(それならよしよし・・・)

しかし、ブタンにしては、排気温度が高すぎる。
ブタン全開で、瞬間最大800℃を超える状態では、
ケロシンなんて、とても注入できない。
空気穴を工夫して、排気温度を下げねばなるまい・・・

改良はまだまだつづく・・・

|

« なかなか進まんっす | トップページ | さらば ぐるぐる気化器 »

コメント

今まで平気だっだ、ブタン前回運転…”前回”? 久々にこの休みは河内で高爾夫球でした。 良く食って良く飲んだな~!!

投稿: 胡志明 | 2008年3月 9日 (日) 午後 11時40分

ブタンガス燃焼試験ビデオ見させてもらいました。
綺麗に燃えてるように見えますが排気温度の問題とかいろいろあるのですね。

>手作り派の所長は、これで我慢・・・

車用ターボのシャフト径が6.25mmと半端な寸法、インチで6.35mmっていうのがあるのですが(シールド型)どんなもんかなと悩んでいます。
旋盤でシャフトを6mmまで削るかな~硬くてシャフトをボロボロにしちゃうリスクはありますが・・・(^^;

セラミックボールベアリング輸入すると1個1万円くらいすると読んだことがあります。とてもとても・・

投稿: ロックヒル | 2008年3月11日 (火) 午後 10時32分

ベトナムのなーんにも無い環境で6.25mmを6mmに削るとしたらどうするか?
シャフトを電気ドリルにチャックして、ひたすら紙やすりで削るかなぁ~
一日かかりそう・・・

旋盤ほし~っ

投稿: 所長 | 2008年3月13日 (木) 午後 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なかなか進まんっす | トップページ | さらば ぐるぐる気化器 »