« コンプレッサー完成 | トップページ | ボール盤とフラックスをハノイで買ったが・・・ »

2007年9月16日 (日)

新工具購入とハノイで買ったフラックス

このジェットエンジン製作は、「ハンドツールで作る!」
と銘打っているので、基本的にハンドツールで作ってますが・・・

まっすぐな穴を開けるのが、これほど難しいものかぁっっっ?
っと思う日々を何日も過ごしております。
例えば、ステンレスのボルトに穴を1個開けるのに、丸一日かかる日も・・・

ということで、反則覚悟(?)で「ボール盤」を買ってしまいました。
ハノイで買うにしては高かった(写真のセットで、80ドルくらい)ですが、
今までの垂直穴あけの悪夢から開放されるなら、安いものです。
Dsc08036




動かしてみると、結構静かでスムースな回転。
もちろん、右のハンドルを下げると、ドリルのチャックが、
気持ちよ~くまっすぐに降りていきます。

がっ!!!!
早速、穴あけを開始したのもつかの間、
モーターから、「ぐぐぐぐ・・・」といやな音がしたと思うと、
なにやらモーターの中から激しい閃光が光り出し、
「シュー」という音とともに、モーターから煙が・・・

設置後、すぐに使い始めたので、稼働率は良かったのですが、
総稼働時間は、20分くらい。
ガーン・・・
同じモーターの新品に替えてもまた同じなので、
店で修理する気にもならない。

日本で3全円で買ったドリルは、モーターが止まるほどの無茶な負荷をかけてもびくともしない。
物は中国製でも日本で売ってるものは基本性能が違う!違いすぎる事を今実感した。
きっと日本に居ては実感できないことでしょう。(さすがJAPAN)
ボール盤そのものは、コンパクトでまあまあの出来なので、
同じ大きさのまともなモーターに換装するしかなさそうだ・・・
日立のモートル!!!ほしい!!!


次は、ハノイで調達した(?)ステンレス用フラックス

日本から買ってきたステンレスのロウ付け用フラックスが底をつきそうなので、ハノイのそれらしい物を売ってそうな所へ行ってきた。
場所は、ホアンケム湖のちょっと南、Hue通りから入った「Chotroi」通り。
(素の日本人には発音不可能。無理やりカナで書くと「チョッゾイ」となる。)
まったく英語は通じないので、アパートのレセプションのお姉ちゃんに、翻訳を頼むと、
「I'm looking for the Flux for stainless steel」
    ↓
「Toi dang tim char cho thep khong han」となった。
(本当は、アルファベットの上に”チョン””ニョロ”なんて感じの記号が付く)

Dsc08037
で、入手したのがコレ。カンロ飴をカチ割ったみたいな物体。
以前から、この通りで時々目にしていた物体だった。
一掴み5000ドン(30円くらい)だったので、ダメもとで購入。

  Dsc08038 

上のフラックスがあまりに怪しい物体だったので、
別の店で、メモを見せてみたらコレが出てきた。
なにやらロシア製の歯磨き粉みたいな感じで、中身を出してみると緑色の物質がにゅる~と出てきた。

Dsc08039
ラベルを見るが、全部ロシア語で、なんだか、さっぱりわからない。改めてここが社会主義国家なんだぁと思う。
2005年8月19日と書いてあるが、製造日なのか、有効期限なのかわからない。10万ドン(620円くらい)もして高かったけど、当たればもうけ物と思い、購入。

買ってきた2つの物質をテストした。

↓↓↓↓↓↓

バーナーであぶってステンレスのロウ付けを試す。

カンロ飴風の物体
はじめは、とろりと溶け始めた。「いい感じかも」と思った矢先
ものすごい”くさい臭い”と、炎を発しだした。
どうしようも無くなったので、バーナーであぶり強制蒸発。
まったくフラックス効果なし。 (何だコレ)

ロシアの歯磨き粉
緑色の”にゅるー”をステンレスに塗りたくる。
バーナーであぶると、あっという間に蒸発。
ロシアの新開発のフラックスかもしれないと、恐る恐るロウをさしてみるが、
まったくフラックス効果なし。 (何だコレ)

ということで、日本で買ったステンレス用フラックスが底をついた時点で、ジェットエンジン製作は中断せざるを得ない状況になりました。
誰か日本から持ってきてくれ~!!!

カンロ飴とロシアの歯磨き粉の本当の使い方知ってる人は、教えてくださいね。

|

« コンプレッサー完成 | トップページ | ボール盤とフラックスをハノイで買ったが・・・ »

コメント

はじめまして、けんざえもんと申します
ふらふらと、ネットを漂っているうちに
こちらを見つけ、久しぶりにカンドーしました。

カンロ飴ですけど、見た感じと燃やしたときのキツイにおいからひょっとしたら
ただのマツヤ二(松脂)でしょうか?
昔は、普通の鉛の半田付けをするときに、フラックスとして松脂をつかったみたいです。

ちょくちょく覗かせていただきますので
よろしくお願いいたします

投稿: けんざえもん | 2007年11月 1日 (木) 午後 12時13分

けんざえもんさんこんばんわ
所長です

今、日本への出張から帰ってきました。
カンロ飴は、やっぱり松脂なんでしょうねぇ。
うわさには聞いてましたが、どうりで安かったわけだ・・・(一掴み20円)
ベトナム人は、フラックス塗れば何でもくっつくと思ってるんでしょうかねえ。
って言うか、使い方知らないのに、売るなよ見たいな・・・

さて、日本から(ちょっと可燃性?)ポリエステル樹脂をこっそりと持ってきたので、ジェットエンジンの工作が進みそうですよ
( ̄ー ̄)フフフ
ではご期待ください。

投稿: 所長 | 2007年11月 1日 (木) 午後 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンプレッサー完成 | トップページ | ボール盤とフラックスをハノイで買ったが・・・ »