« なぜかホイアン報告 | トップページ | PIC16F88でLCD表示 »

2007年3月24日 (土)

PIC16F88のRA5はなんと

別にだれも読んでくれなくてもいいんだけど
はけ口がないので、とりあえず書くよ・・・(泣)

PIC16F88でとりあえずLCD表示のプログラムを組んだが、
一向に表示されず、つぼにはまっていた。
MPLABのDebuggerと何時間にらめっこしてたかわからんが、ようやく原因がつかめた。
きっと、おんなじつぼにはまった人もいるかも(俺だけか?)

LCDのデータバスには、ポートAの上位ビットを出力に当てていたが、なんと、RA5ピンは、入力しか対応してなかった!(うぎゃぁぁぁ)

Ra5_1

ほらね、RA4は「I/O」って書いて歩けど、RA5は「I」しかないでしょ。

ポートAとポートBをひっくり返すか?
(ダメダメ、シリアルポートが使えない)
それともポートAの上位と下位をひっくり返すか?
(プログラムめんどくさ)→(swapがあるよ)
基盤作り直すか・・・?
ほとんど何でもありの、16F88なのに・・・
仕様書読んでなかった俺が悪いんだけどね。
こういうのは、ブレッドボードとかで試作してから基盤作るんだよね。(ホントハ)

今日だけで、8時間。 貴重な休みが・・・!!!
だれか、プリントパターンのswapコマンド教えてくれ!
めしでも炊くか・・・

|

« なぜかホイアン報告 | トップページ | PIC16F88でLCD表示 »

コメント

PIC16F88にLCDを接続した事例です。

http://kuri6005.sakura.ne.jp/pic/pukiwiki.php?A%2FD%C3%CD%A4%F2LCD%A4%CB%C9%BD%BC%A8

MikroCでのプログラムですが参考になれば。

投稿: PICとMikroC | 2007年3月25日 (日) 午後 05時09分

通りすがりの方!
かたじけない。

MikroCはあきらめて、CCS社のコンパイラをMPLABにビルトインして使っています。
とてもよく安定しており、なんと言ってもMPLABのDebuggerが使えるのがいいですね。
MikroCは無償でいいのですが、PICやCに詳しい人しか使いこなせないのではないでしょうか・・・?
とりあえず、PIC16F88と、SC1602BS*Bの組み合わせで、うまく動くようになりました。
ただし、Webに乗っていない様なコツもいくつかありましたので、そのうち、ライブラリも含めてUPします。

投稿: ラジコン所長 | 2007年3月26日 (月) 午前 12時21分

なんだってー
RA5でブザーならそうとしても
動かず
RA4の場合は動いたのであたまを抱えてました。
16fシリーズといいM社の仕様は…

投稿: | 2019年3月14日 (木) 午前 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜかホイアン報告 | トップページ | PIC16F88でLCD表示 »